忍者ブログ
09 April

夢から覚めて

夢を見ていた。
あの人の夢。
やっと会えた。
けれど……。

目が覚めたとき、左腕は
激しい“悲しみの怒り”の渦を内に抱え込んで、
じっと耐えているようだった。

左腕がひどく緊張している。
とても痛くて、それは
腕がもげてしまうのではないかと思うほど。

緊張が脚のほうにまで伝わって、
太ももの裏のあたりも痛い。

左腕が重たい。

腕だけじゃない。
からだの左半分がすごく重たい。

左腕はまるで朽ちていくような、
そんな感覚でもある。

右目からだけ涙が出てくる。
涙が出てから、涙に気づいた。


そうしてわたしは、しばらくの間、
おかしなくらい静かに流れていく今の中にいました。


※イラスト素材はふわふわ。りさんからお借りしました


PR

05 April

フルーツゼリー

どうやら風邪をひいたようです。
「(仕事の帰りに) 薬を買ってきてほしい」
と旦那さんにメールをすると、
風邪薬だけじゃなく、ゼリーやなんかも買ってきてくれました。

妙な言い方かもしれませんが、
安心して風邪をひけることや少し心細くなれることって、
当たり前じゃないよなぁ、と思います。
もちろん、薬やゼリーまで買ってきてもらえることは、なおさらそう。

滅多に風邪をひかないわたしですが、今回はちょっと参っています。

フルーツゼリーがやけにこころに沁みて、
気づいたら涙が出ていました。

※写真素材はblue-greenさんからお借りしました

昨日(4日)は午後ずっと寝ていましたが、さっき起きて、
ゼリーを食べて、薬も飲んで、blogを書きたくなって、書いて……。

そろそろベッドに戻ることにします。



23 March

“過”








---------------------------------------------
「過去が過去になってしまった」
そう思うとき
わたしは悲しくなる 苦しくなる
実際には 過去がまだ
“過去になってくれない”から
そうやって苦しむんだと思う

大切な誰かとの関係
だんだんに またはある瞬間を境に
妙な“過去感”みたいなものを感じる
そのくせ それが確かに
過去になるまでには時間がかかったり

わたしは今日まだ苦しい
大きな苦しさ
だいぶ小さくなった苦しさ
いくつか抱えながら過ぎていく
---------------------------------------------